Skip to content

東京の自宅の浴室をリフォーム

東京の自宅を長く使っていると水回り、とくに浴室をリフォームしたくなる時があります。毎日のように水を使う場所ですので、その基礎部分も含めて点検を頼むことが大切です。その理由は、床下の基礎が高い湿度によって傷みやすいからです。その部分を場合によってはリフォームの際に一緒に補強することもあります。

また浴室につながる脱衣室あるいは洗面室などの床部分についても同じことが言えます。この部分を踏んでみて他の場所よりもへこむ、あるいは音がするなどの現象がある場合には、この部分についても一緒に修復するとよいです。そして浴室ですが、年齢を重ねていくと浴槽に入るさいに手すりがほしいです。手すりはどんな年代の人にとっても安定して動くことができますから、だれにとっても使い勝手がよい風呂にできます。

それから、もし東京の自宅の風呂場を少しでも広くできるならば動きやすい広さを改修の際に確保できるようにするといいです。体を動かしづらくなった場合に備えて介助や助けを借りて風呂場に移動する際に、そのほうが良いからです。シャワー、湯沸かし、風呂場の床材などいずれも家を建てた当時よりもいずれもよいものが出ています。こうした資材や器具についても比較検討してリフォームの際に取り入れるようにすると、経済的で手間いらずで快適な浴室にできます。

東京でこれからも快適な暮らしを続けたいとすれば、住み慣れた自宅をリフォームして浴室がいつまでも快適で過ごしやすい場所になるようにさまざまな工夫を取り入れるとよいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *