Skip to content

名古屋でトイレつまり、封水の水位に注意

トイレのトラブルでは、急に水が流れなくなるなど、明らかに詰まっているということが分かる場合も多いですが、意外と気付かない箇所で、気をつけなければならない場所があります。

それは「封水」で、これは便器の中にたまっている水のことです。封水は配水管を通じてあがってくる下水の臭いを防止するために必要ですが、その封水の水が少なくなるのは、何らかの原因があってのことですので、注意が必要です。ただちにトイレが壊れるというわけではありませんが、つまりが徐々に進行している可能性も考えられますので、対策が必要です。トイレのつまりで、封水の水位が下がっていくケースは大きく分けて2つあります。

まずは、水を流すなど使用していないにも関わらず水位が低くなる場合、別のケースは使用しなければ通常通りであるのに、水を流すといったん上昇してからじわじわと少なくなっていく場合です。ただしこの2つは症状は違っても、つまりが原因で発生していることがあるのです。対策としては、状態が変わらないか少し様子を見てみましょう。詰まっている物によっては放置すると徐々に水に溶けて改善することがあります。

改善しない場合は、ペットトイレ用の砂や紙おむつなど原因になるものを流してしまっている可能性があります。これらは水に溶けないため、放置しているともっと状態が悪くなります。その場合はラバーカップなどを使用してつまりを取り除く必要があります。それでもだめな場合は、名古屋の専門業者に依頼するなど、プロの力を借りた方が得策です。例えば配水管の奥の方で詰まっている場合などは、素人が修理するのは困難です。名古屋には多くの事業所があるかと思いますので、名古屋エリアで何社かコンタクトをとって相談し見積もりを取ると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *