Skip to content

水漏れ修理を名古屋で行う時には?

名古屋程の大都市でしたら、水漏対策の会社も沢山ありますので本当に進退窮まった場合は修理依頼先が無くて困る様な事は無いです。

その際の注意事項として、名古屋市の水道局に認定をもらった会社に仕事を依頼する事と、ネット経由の場合には割引適応があるケースの存在をチェックしておけば完璧となります。ただ、水漏関係は蛇口内部のパッキンのゴムやカートリッジが経年劣化でダメになって発生している事が多いです。この辺はスパナとドライバー、ピンセットと交換部品を雑貨店で探して分解交換を試みると、案外修理出来る事も少なくありません。

仮に家に無くとも、名古屋でしたら日用雑貨店巡りで確実に入手出来ます。ちなみに、作業前に水栓を締めておく事と、作業後に開ける2工程と分解した部品の順番が分からなくならない様に、テーブルの上等に丁寧に並べる事が鉄則です。後は、上から順にネジを外して部品を並べてパーツを交換したら逆回しで組み直すだけになります。パーツの詳細が分からなくて不安な場合は、ネットで実物をチェックしておくと安定感が増します。劣化具合は溶けたり、割れたりしている事が多いのでパッと見で分かる事も少なくありません。他にも作業前にネジを触ってみると、露骨に緩いケースもあり、この場合の修理はそのネジを締め直すだけで水漏が直る事もあったりします。ただ、何れの場合も錆び付いて外れない場合等は止めた方が良いです。

強引に引っ張って壊してしまうと修理費が高額になります。ちなみにトイレの水漏れ関係の場合は、ネジ緩みケースが多いですがトイレの本体自体の陶器に罅がハッキリ確認出来て、そこから水漏しているならば、個人修理は残念ながら無理です。相当の強度の陶器ですので、割れているとしたら交換処置しかありません。速乾パテで埋める策もあるにはありますが、1時凌ぎ以上の事は難しいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *