Skip to content

名古屋の水漏の種類と修理

名古屋で水漏が起きた場合、修理をする前に起きている場所と程度によって対処の仕方や緊急も違ってきます。

マンションやアパートの2階以上に住んでいると、漏れが大量に起きていると溢れ出した水が階下に染み出してきますから、緊急に漏れを止めないと損害賠償になる恐れもあります。しかし、キッチンの蛇口から水がぽとぽとと少しだけ落ちている程度なら、後日名古屋の水漏の修理業者へ依頼しても大丈夫です。ただ、水の音が気になって仕方がない場合もあるので、その時は早めに連絡するのがおすすめです。

大体の名古屋の水漏の修理だと、主に原因は蛇口のゴムパッキンの摩耗や経年劣化で、専門の水道工事屋に依頼すれば短時間で解決してくれます。構造部分からの漏れだとかなり大掛かりになるので、アパートやマンションだと築年数が経過したものもあて、水道管の劣化でひび割れなどが起きていることもあり得ます。マンションなどだと大体は管理組合の担当になるので共有部分で起きたなら、管理会社へまずは連絡して提携先の水道屋へ直してもらうのが一番です。

漏れの原因の大体はパッキン劣化で、水栓は単水栓と混合水栓の2種類に分かれていてこれにもハンドル式とレバー式があります。単水栓は一番一派的なタイプ・自在パイプ付き・プラスチックハンドル、混合水栓はレバー式です。水道はハンドルを回すものや金属製の三角ハンドル、プラスチック製、混合水栓など色々な種類があり内部の構造も違ってきます。どのタイプでも大体はパッキンの劣化で、どの部位から漏れているかでどこのパッキンを交換すればいいかもわかります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *